MIX-GT Special site since 2009
MIX-GT
タイヤの長寿命化、燃費低下の防止に役立つタイヤ用 新タイプ充填ガス『MIX−GT(ミックスジーティー)』を共同開発・販売開始
乗用車クラス \4,320/1台
お試し価格 \2,980/1台
「MIX−GT」の開発は、環境負荷低減と安全性追求のテーマのもと、横浜ゴムのタイヤ技術と岩谷瓦斯の工業ガス技術を最適融合する異業種間の共同作業によって完成したものです

主な特長
  1. タイヤ内圧低下が少なく、タイヤ性能を長期間維持。
  2. タイヤ内圧低下による燃費の低下やタイヤ寿命の低下を抑制。
  3. 操縦安定性などタイヤに求められる性能を損なわない。
  4. タイヤやリム劣化の原因となる酸素や水分を含まない。
  5. 可燃性ガスや毒性ガスを含まない。
  6. 地球温暖化ガスを含まない。

タイヤコンディションを保ち、経済性と安全性、すぐれた走りを実現。

タイヤ…それは、“走り”の原点。いかに高性能車をあやつろうとも、タイヤコンディションが劣れば、思いどおりのクルージングは期待できません。MIX-GT は、長期間にわたってタイヤ内圧を維持できる新開発ハイブリッドガス。ヨーロッパのドライビングシーンをいち早くとらえ、Iwataniが誇るガステクノロジーをベースに開発されました。空気からMIX-GT へ。
あたりまえの選択から、プレミアムな選択へ。あなたの走りを、原点からチューンアップします。

*新開発MIX-GT は、腐食性や可燃性ガスを含みません。
MIX-GT は、水分や酸素を含まない不活性なハイブリッドガス。タイヤやリムを傷めません。もちろん可燃性ガスや毒性ガスを含まず、万が一の場合にも安心です。(地球温暖化の原因となるCO2やフロンガスも使用していません)


大丈夫ですか? あなたのクルマ。
6台に1台がタイヤ空気不足。


■扁平タイヤの空気圧不足
(社)日本自動車タイヤ協会が2005年に実施した調査では、東名高速道路を走る自動車の15.9%のクルマが空気圧不足でした。空気圧の低下は見た目で判断しにくく、特に扁平タイヤは一般タイヤに比べて、注意が必要です。

■空気圧は自然に低下します
空気圧はグラフのとおり、自然に低下します。乗用車用タイヤは1ヵ月でおよそ5〜10%(10〜20kPa)低下。空気圧が不足すると、タイヤが損傷したり、事故につながるおそれがあります。
指定空気圧の70%

(社)日本自動車タイヤ協会ホームページより



タイヤ内圧で、こんなに変わるクルマの燃費。
知らないうちに燃料代を損してませんか?


■内圧を変え一般道でテストした場合
タイヤ内圧が下がったままで走ると、走行性能が低下したりタイヤ自体の寿命を縮めるなど、さまざまな悪影響がありますが、確実に燃費の低下をまねきます。(社)日本自動車連盟(JAF)は、同じ車種(1,500cc乗用車)で空気圧が適正なクルマと空気圧が低いクルマを同時に走らせて燃料消費率の違いを調査。一般道路を1万Km走らせた結果、空気圧を低くしたクルマは42リットルも余計にガソリンを消費しました。また、CO2排出量もその分増加しています。

※CO2 排出量はJAFのテストデータをもとに環境省地球環境局のホームページ発表の資料より換算

■内圧が低いと、どんな状況でも燃費が悪化
タイヤの内圧が下がったクルマは一般道路ばかりでなく、すべての状況下で燃費が低下します。前記の調査では空気圧を低くしたクルマは高速道路で5.26%、上り坂で4.1%、下り坂では7.9%の悪化率となっています。

JAFユーザーテストより